2015
12.31

2015年の総括! 狂気と歓喜の火のような日々へ

メンバーブログ, 学生インターン

個人的に、今年は就活、教育実習、バイト、インターンなど、激動の一年でした。就活時には、自分はどう生きたいのかという「人生のテーマ」を見つけられた気がします。

また、その中でも格段に得たものが多かったスピリタスでのインターンの日々。人生という視点でも得るものが多いですが、今回は特に業務面での「学びのまとめ」を行います!

プロセスが結果を決める

「今回は運が悪かったから…」「他の人がミスをしたから…」「時間が無さ過ぎて…」

ミスの言い訳はたくさんあります。

自分はたくさん言い訳をしましたし、それで自分を納得させようとしました。

しかし、これは本当に正しいのでしょうか?

否、その結果は「なるべくしてそうなった」ことであり、

それに至るプロセスに問題点があったのです。

例えば、

「今回は運が悪かったから…」

それは全く予想できないものだったか?

事前の対策を行っていたのか?それに抜け漏れは一切なかったのか?…などなど。

「他の人がミスをしたから…」

報連相は完璧だったのか?その連絡システムに問題はないのか?

日常の関係づくりはできているのか…などなど。

これらをプロセスに組み込んでいれば、

ミスを防げたり、逆に良い結果になっていたかもしれません。

このように考えたとき、自分にも思い当たる点がたくさんありました。

しかし、時間が限られる中で、このような仕事の仕方は難しいものです。

その中で、特に重要だと感じたことがありました。

スケジューリングが命

それは、ずばりスケジューリングです。

これには「詳細なアクションプランを定める」という意味もあります。

仕事を進める順序を決め、

それら個々のACTIONに必要な時間を計り、

それを着実に実行してく…。

もちろん、突発的な仕事が発生すれば、この計画は崩れてしまいます。

しかし、事前に詳細な計画を立てているので、

「残り時間で、どの程度仕上げることができるのか」が明確になったり、

無理にでも仕上げるために、「何を削るのか」という計算もできます。

7月にインターン生として採用され、はや半年が経ちました。

やっと、少しだけ、このような仕事の仕方ができるようになった気がします。(笑)

しかし、どんなに計画を立てても失敗することがあります。

その場合、ほとんどは「コミュニケーション不足」が原因でありました。

コミュニケーションが仕事の胆

初めての仕事ではわからないことが多いもの。

それはある意味仕方のないことです。

ですが、わからないなら聞いて、できるようにならなければならなりません。

しかし、上司の方は大変忙しい。

自分の仕事も、部下の仕事の管理も行わなければなりません。

聞くタイミングが悪ければ、得られる情報は少なくなりますし、

タイミングが良ければ、仕事の情報+αのことまで聞くことができます。

また、仕事上でのコミュニケーションだけでなく、

日常での関係も良くなければ、情報は得られません。

情報がなければ、仕事は行えません。

ましてや、初めての仕事や、お客様相手の仕事をする時はなおさらです。

その意味で、コミュニケーションは仕事の胆なのであると感じました。

また、スケジューリング・コミュニケーションの双方を実行できた時は、

「仕事に追われるのではなく、自分主導で仕事を進めている」感覚がありました。

これの積み重ねで、良い結果が、自らの「実績」として蓄積されていくのだと感じます。

仕事の報酬は仕事

インターン生の行う仕事にも、いくつか種類があります。

多くは、WEB関係の仕事で、他には会計・経理、調査の仕事もあります。

振り返ると、失敗もあれば、成功もありました。

序盤は多くが失敗だったようにも感じます…。(笑)

その中で、うまくいった種類の仕事については、さらに難しい仕事を頂き、

当然のことですが、以前ミスをしてしまった仕事については、

より簡単な内容の仕事を頂きます。

どんどん新しい仕事に挑戦し、自らをレベルアップさせ、より高い報酬を得るには、

当然仕事での「成功」を積み重ねなければなりません。

全ての根本は「より難易度の高い仕事を受ける」ことにつきます。

その意味で「仕事の報酬は仕事」なのであると感じました。

2015年を振り返って

2015年のスタートは、正月をぶったぎっての就活でした。(笑)

元々教員志望だった自分が、一般企業に挑戦する原動力となったものは、

小学校3、4年生からの将来夢でした。

キーワードは「競争」「勝負」「勝利」…。

テーマは「狂気と歓喜の火のような日々」。(下手な漫画のセリフのようで少し恥ずかしいですが…笑)

就職活動の際に、22年の人生を振り返り、

こんな人生が送りたいと思えた瞬間をピックアップし、言葉にしたものです。

「競争という環境の中、それに勝ち、また次の競争へ…という激しい日々」の意です。

就職活動は、今までの人生を振り返れた、有意義な時間でした。

また、企業・経営・経済・働き方など、多くの知識を得ることができ、

就職活動で考えた生き方ができるか、という視点も含め、

スピリタスで実行したり、活かしたりしています。

やはり、実際に体感する(実感する)ことが一番の学びになります。

自分は、タイプ的に「豪胆」「豪快」ではありません。クレバーな人間です。

しかし、それも極めればまたそれも一つの生き方になるはずです。

それは、きっと単にクレバーなだけでなく、他人から見て、

「気持ちの良い」「信頼できる」「一緒にいて楽しい」クレバーさなのでしょう。

そう思えるようになったもの、このインターンのおかげです。

業務面での学びでは、細かいものでまだまだたくさん学びがありましたし、

人生という視点では、日々「格言」を頂いております。(笑)

恐らく、自分の人生のターニングポイントとなったであろう一年でありました。

最後に

ここまで読んで下さった皆さま、誠にありがとうございます。

皆さまは、この一年どのようにお過ごしになられましたでしょうか?

また、末筆ながら、

皆さまの2016年が実りの多い一年であることを、心より願っております。

The following two tabs change content below.
学生インターン
スピリタスコンサルティングのインターン生が綴っています。 日々、弊社で起きている出来事、感じた事をインターン生からの目線でお伝え致します。
学生インターン

最新記事 by 学生インターン (全て見る)