2016
10.03

スーツの着こなしに気を付けていること

渡辺勇教

せっかく着るならオシャレに着たい!そう思う人は多いと思います。
僕は、買い物が好きです(笑)
とくにアパレル品を買います。
僕自身の感覚が正しいのかをネットの調査結果と比較してみました。

僕が一番気を付けていること。
1.サイズ感。
サイズ感が合わないと、どんなに高級な服を着てもまったく意味がないと思っています。。
ある意味、サイズ感がマッチするならユニクロやH&Mもかっこよく着こなせます。
またYシャツは決まったサイズしか買わない。
とくに身幅が緩いものは見栄えが悪いので、気を付けています。
オススメは、鎌倉のシャツ!

2.ネクタイするなら緩めない!
スーツのときでネクタイスるならピシッと。
スーツはきれいに着るのがおしゃれだと思っています。
なので、緩めてしまうとただだらしない感じなので・・。

3.靴はきれいに磨く!
昨日も磨きました。靴を磨いて仕事をするととても気分よく仕事ができます。
磨く順序と内容は、
①汚れを落とす
②栄養剤を塗る
③防水スプレーをかける(カーボンコートの特殊なものなのでここでスプレー)
④クリームを塗り込む
⑤ブラッシング
⑥柔らかい布で全体を磨く
⑦(余裕があれば)ポリッシュ
けっこう時間かかります。。。
スニーカーなんかは、①の汚れを落とすだけでも全然違います。

4.チーフもさしたい
白いチーフをスーツにさすのはありかなーと最近思ってきました。
おしゃれなスーツを見ているとことごとくチーフが入っているという。

ネットで出てきたスーツの着こなし方(ダイジェスト)
~ジャケット~
1. お腹周りはこぶしが1つ入る程度の余裕を持つ
2. 肩幅は肩が1cmつまめるくらい
3. 着丈はお尻がギリギリ隠れる長さ
4. ラペルの幅は細めがおすすめ

~パンツ~
1. 裾は余らせない
2. ウエストはジャストサイズにする

~シャツ~
1. シャツの肩を自分の肩幅に合わせる
2. 着丈はパンツに半分かかるくらいの長さ
3. ジャケットから1.0cm〜1.5cmシャツが見える長さ(襟後ろ&袖)
4. 首回りは指2本くらい余裕を持たせる
5. シャツの色は白・水色が基本
6. ボタンダウンはカジュアルな印象に

The following two tabs change content below.
渡辺 勇教

渡辺 勇教

立命館大学経営学部。公認会計士/税理士。 有限責任監査法人トーマツに約7年間勤務し、その後かぜよみ会計事務所を設立。約2年間、会計ソフトfreeeの導入支援/事業計画の作成支援/業務改善コンサルティング法人・個人の確定申告を中心に事務所を運営する。 その後、縁あってスピリタスコンサルティング代表野原と知り合い、意気投合。事業拡大を見据え、グループ会社への参画を決定する。
渡辺 勇教

最新記事 by 渡辺 勇教 (全て見る)

デュー&ドゥー

当たり前のことだけど、 いつでも、どの会社においても、誰かが、 「やらなければいけ…