2018
06.24

思考的ダンシャリ

メンバーブログ, 澤田知明

僕は「断捨離」が苦手である。


まったく物が捨てられないわけではないが、物がたまっていく。
「もったいない」を排除しているつもりでも、物が溢れていく。
散らかっている状態ではないのに、必要なものがすぐに取り出せない時がよくある。


見える所だけキレイにしておこうというタイプなので、
スマホのトップ画面はすっきりフォルダ分けしていても、他はぐちゃぐちゃだったり、
PCのトップ画面においては整頓用に用意した「一時保存フォルダ」にファイルが溜まっていたりする。
部屋に物は少ないが、クローゼットの中は物で溢れかえっているタイプだ。


そんなこともあり、
断捨離の必要性はいつも感じているのだが、
思い切って物を捨てる行動にいつも移せないのである。

そこで断捨離について調べてみると、結局は思考的な問題だということがよく話題にされていた。

そもそも断捨離とは以下のような概念だそうだ。
「入ってくるものを断つ」
「不要なものを捨てる」
「執着心から離れる」

たしかに改めて考えてみると、
不要なものを捨てる以外は、思考に因ることが多いと思う。
特に現代においては、入ってくる物の取捨選択はとても重要。
情報に関しては物理的な限界はないが、不要な情報取得はムダな時間となる。

「思考」と「行動」
両方の観点から意識改革をしなければ
本当の意味での断捨離は実現できないかもしれないが、
思考のゴミ屋敷化を防ぐためにも、少しずつ思考をアップデートしていくことが不可欠だ。

断捨離は、今後の大きなテーマの一つになりそうだ。

The following two tabs change content below.
澤田 知明

澤田 知明

秋田県生まれ。 ギタークラフトスクールを卒業後、ローディーを経てWebの世界へ。 Webマーケティングを中心に企業の課題解決に貢献する、戦略コンサルタント。
澤田 知明

最新記事 by 澤田 知明 (全て見る)

好転反応

最近おなかの調子が優れないので、思い切ってサプリメントを買ってみました。 その名も「スピ…