2017
05.22

生き抜いていこう 個ではなく、チームで

渡辺勇教

スピリタスコンサルティングの野原と2度目の食事をしたのがいつだったのか、カレンダーを見返してみました。

(1度目は、懇親会でものの10分くらいだった)

 

2016年5月24日。

今日は2017年5月22日なのでちょうど一年ほど前でした。

 

たった1年か、とも思い、もう1年かとも思います。

僕が「かぜよみ会計事務所」のままであったら、まず香港にはいっていなかったんだろうなと思います。

「かぜよみ会計事務所」のままであったなら、チームを作ろうと思わなかったんだろうとなと思います。

「かぜよみ会計事務所」のままだったら、規模の拡大にチャレンジしていなかったと思います。

野原もきっと一緒。

僕と出会わなかったら触れることのなかった世界、考えることのなかった価値観があったはず。

 

僕がトーマツを退職し、独立した一番の理由は「個の力を試してみたかった」こと。

何かがやりたかったというよりも、自分が食べていく力があるのかをチャレンジしてみかった。

その思いが一番強かったような気がします。

そして今、感じていることは、「社長っていうのは一人では何もできない」と思います。

確かに社長個人の能力が高い方はたくさんいらっしゃいます。

ただ、組織になった時点からは、社長一人ではどうにも仕事はさばけません。

チームのみんながいてくれるからこそ、まわるんだと思います。

そう思うと、社長一人では何もできないんだなーと強く感じるようになってきました。

 

僕がやりたいこと、それはクライアントへのサービスを第一に考えたうえで、

チームのみんなが働きやすい環境であること。

 

そうしなければ、クライアントに満足いくサービスは難しいのではないでしょうか。

 

個の力の限界をチームの力で打破し続ける

 

人との出会いは摩訶不思議。

でもだからこそ楽しい。

出会って、やってみないとわからない。

それだからやめられません。

生き抜いていこう。個ではなく、チームで。

さぁ、求人募集を強めて、顧客獲得に励みます!!

日本の発展のためにも!

The following two tabs change content below.
渡辺 勇教

渡辺 勇教

立命館大学経営学部。公認会計士/税理士。 有限責任監査法人トーマツに約7年間勤務し、その後かぜよみ会計事務所を設立。約2年間、会計ソフトfreeeの導入支援/事業計画の作成支援/業務改善コンサルティング法人・個人の確定申告を中心に事務所を運営する。 その後、縁あってスピリタスコンサルティング代表野原と知り合い、意気投合。事業拡大を見据え、グループ会社への参画を決定する。
渡辺 勇教

最新記事 by 渡辺 勇教 (全て見る)

烏賊

ぼくはラーメンが好きである。 ラーメンの種類には醤油、塩、味噌などオーソドックスな物…