2016
08.07

オーラの源泉

代表

先日、同世代の友人であり、
切磋琢磨している(と勝手に思っている)ライバル達と一緒に、北海道まで行ってきました。

私の中では、プライベートと仕事の区別はありませんので、
今回も、もちろん、仕事です。

北海道では、予期していた通り、とても充実した時間が待っていました。
いきなりですが、公開できる写真のいくつかはこちらです。

sapporo

写真 3 (1)n

写真 1n

なぜ北海道まで行ったのかという経緯は省略するとして、
絶品のお寿司や、関東に比べれば涼しい北の大地での快適なゴルフがあり、
1週間前から楽しみでウキウキでした。

憂鬱な一点を除いて・・・

三人がイケメンすぎるため、ひとりだけ場違いの参加となりました。(笑)
よって、いつも、私は端っこにいます。
ただ、彼らとはもう何度も食事に行ったり、定期的に飲んだりしているので慣れっこです。
“三枚目キャラ”を磨くには、最高の場だったりします。(ハイ、ちょっと無理あります。)

ちなみに、この中に、ひとりだけ、独身貴族がいます。
聞くところによると、絶賛婚活中(相手未確定)とのことですので、
私がエージェントをしますので、ぜひご応募お待ちしています。(登録料は不要です)

【おまけですが、弊社の総務アシスタント職もバリバリ募集中です!!】

話は戻りまして、このすすきのにある絶品のお寿司屋さんと、
北の大地での有名ゴルフ場を手配してくださったのは、
会計事務所業界でも有名なY経営グループの御屋形様(グループ代表)でした。
本当に、普通では体験することのできない世界を、
わたしたち若者(?)に体験させてくださいました。
本当に感謝の念に尽きません。

それどころか、サプライズまでご用意くださいまして。。
ゴルフ場に行って、ラウンド前に朝から練習に励んでいて、
ふと振り返ると、御屋形様もそこで練習なさっているではありませんか!?

私の父と同じ歳生まれなので、60歳中盤です。
オシャレな服装に、黒々と日焼けされた健康肌、
おそらく日頃から鍛えている肉体と、日頃から社員を鍛えている厳しめで鋭い雰囲気。
しなやかな体を使い、ペチッという軽やかな快音を響かせ、
アイアンの真芯から放たれたボールはまっすぐ一直線に。
すべてのお取り計らいといい、登場の仕方といい、フォームといい、カッコよすぎます。

私は初めてお会いした時から、最もカッコイイ60代だと思っています。
見た目だけではなく、上手く表現できないのですが、オーラが違うんです。

今から、イケメンにはなれないとしても、あのくらいの歳になった時に、
こうしたオーラを少しでも放つことができるオトコになりたいと思っています。

他にも、わたしの周りには、魅力的な経営者がたくさんいます。
彼らに共通していることは、何も話さなくても、何もしていなくても、
なぜか一種の畏しさを兼ね備えた人を惹きつけるオーラを放っているのです。

まだまだ遠い道のりであることは分かっています。
しかし、このオーラはどうしたら放たれるのか?をずっと考え続けています。

これから考えが変わるかもしれませんが、現時点では、
無理だと思われる勝負にガチンコで挑戦し、
勝ち負けを含めて、その壁を数多く乗り越えてきた経験こそが、
オーラという形で自然と現れるものだと捉えています。

職業病なので、例えを出してしまいますが、
企業会計においても、損益計算書(P/L)と貸借対照表(B/S)があります。
損益計算書は、売上や利益を記載し、それは1年間という短期的な期間の結果を示しています。
一方、貸借対照表は、創業以来の1年1年の結果が年輪のように積み重なって、現時点の姿を示しています。
一般的に、1年やそこらで、その内容をガラリと変えることは困難です。

よって、オーラは、損益計算書(1年)では出てこないということです。
どんなに頑張っても、数年経ったって、きっと出てきません。
何年も継続・発展してきた企業の如く、厳しさを乗り越えた人間自体の貸借対照表のようなもので、
山あり谷あり、その内容が濃ければ濃い程、おのずとオーラは放たれるのではないかと思います。

北海道の地で、学び、気付いたことは、多かったです。
この時期に、この場所に赴いた意味を考えて、新たな挑戦をしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.

野原健太郎

■株式会社スピリタスコンサルティング創業者兼代表 ■経営財務コンサルタント ■好きな言葉:「できた?」 ■嫌いな食べ物:「グリーンピース」 ■叶えたい夢:「史上最大のお祭りをやること。」 ■血液型:典型的B型

最新記事 by 野原健太郎 (全て見る)

進化の季節

めっきり、春ですね。 毎年のことながら、寒い冬を越えてあたたかくなるこの季節に、 …