2017
08.16

人生はドラクエ!

渡辺勇教

僕はドラクエが大好きです。
というか、ゲームが大好きです。

小さい頃はあまりにゲームをやりすぎて、親からは「そんなにゲームがやりたいならテレビにしばりつけてあげようか!」と怒られていました。
子どもの頃は大人になったらゲームが飽きるのかなと、淡い期待を抱いていました。

実際はそんなことありません。
ゲーム大好きです。
時間があるならゲームをやっていたいです。
社会人になった最初の夢は「ゲーム機本体を全部そろえること」でした(実際はX-boxは買わなかった)。

こんな僕でも仕事があるので、優先順位はさすがにゲームが一番にはなりませんでした。
(そこは意外とセーブが効いてよかった・・・)

で、でも魔が差しました。。
先日発売したドラクエ11、買っちゃいました・・・。
しかもPS4と3DSのどちらも・・・。
睡眠時間削りました・・(支障が出ない範囲で!)。
久しぶりにゲームやりこみましたー♪満足w
お盆休みも実家に帰りながら基本、ドラクエやっていました笑。
(さすがにこの歳になると、親から怒られませんでした笑)

ゲームをどっぷりやって気づいたことがあります。
1つは、ゲームをやることで仕事のことを考えない時間ができる、ということ。
僕は基本的に考え事が大好きなので、休みの日は基本的に「考え事」の日です。
散歩をしながら、カフェに入って、本屋によって、飲み会に行っても、「考え事」をしています。
基本的には仕事関係のことがほとんど。
それが、ゲームをやっている時間だけは、ゲームをどう攻略するか、この1点に集中できて
なんだかリラックスできました。

もう1つ気づいたことは、「人生、ドラクエみたいなもんだな」と。
あまり「死」を題材にすることは好ましくないかもしれませんが、僕の生き方に限って言うと、
僕は死ぬ瞬間に「あーもう満足!」と言って死にたいんです。
そう思うと、必死に仕事やプライベートを生きないと満足できないような気がしています。
必死になるだけではなく、「満足」しなくちゃいけません。
僕にとっての満足は「死ぬ気で楽しむこと」です。
死ぬ気で仕事を楽しむこと、楽しむためにはスキルをあげなくちゃいけないこと、
『スキルをあげる≒レベルを上げる』
まるでドラクエ!
売上拡大や人材確保、資金繰りなどの問題や対処しなければいけない課題が山積です。
それはドラクエでいうところのボス。
倒さないと次に行けず、強くなれず、ゲームを楽しめません。
だから必死になって倒します。
倒して倒して倒しまくります。そしたらきっと全クリできるはず。
全クリしたらゲームと同じように満足感と充実感が得られます。

現実は、ゲームほど甘くなく、リセットも聞きません。
だからこそ、ゲームにはないくらい、真剣に考えて、チャレンジします。
強いボスだからこそやりがいがある!レベルもあげる!
人生まるでドラクエ!
追伸
最近のドラクエは「クリア後の世界」があって、なかなか満足感が得られず終えられません 苦笑

The following two tabs change content below.
渡辺 勇教

渡辺 勇教

立命館大学経営学部。公認会計士/税理士。 有限責任監査法人トーマツに約7年間勤務し、その後かぜよみ会計事務所を設立。約2年間、会計ソフトfreeeの導入支援/事業計画の作成支援/業務改善コンサルティング法人・個人の確定申告を中心に事務所を運営する。 その後、縁あってスピリタスコンサルティング代表野原と知り合い、意気投合。事業拡大を見据え、グループ会社への参画を決定する。
渡辺 勇教

最新記事 by 渡辺 勇教 (全て見る)