2017
05.29

6%

澤田知明

先日の日経新聞に、こんな記事がありました。

 

———————————————
世論調査や人材コンサルティングを手掛ける米ギャラップが
世界各国の企業を対象に実施した従業員のエンゲージメント(仕事への熱意度)調査によると、
日本は「熱意あふれる社員」の割合が6%しかないことが分かった。
米国の32%と比べて大幅に低く、調査した139カ国中132位と最下位クラスだった。

企業内に諸問題を生む「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」の割合は24%、
「やる気のない社員」は70%に達した。
———————————————

 

え・・・?
熱意あふれる社員がたった6%????

外国人と日本人の答え方のニュアンスが多少違うことを考慮しても
これはあまりにひどい調査結果。
それに、どんな調査内容だったのかも気になるところ。
ちょっと悲しくもなるようなニュースでした。

ただ、この記事を見たあと、
自分の周りのことを考えてみたのですが、
仕事に対して熱意のない人っていうのは、まずいない。
多少の愚痴や不満はどんな環境でもある物ですが、
仕事に情熱と誇りを持っている人がほとんどです。

たしかに最近だと「熱意」とか「情熱」に対して、
暑苦しい、面倒くさい、なんて感情を抱く人もいるかもしれませんが、
基本的にはその人達にも
「熱意」や「情熱」
は必ずある。
例外なく必ずあると思います。

 

その熱量や表現の仕方が違うだけ。

 

新聞記事の結果は、
今の日本の士気を映している気もします。
社員のポテンシャルを潰す環境のせいだ、という意見もありそうですが、
個人的に思うことは、それらはある程度自分でなんとかするべきこと。(何やってもどうしようもできない環境があることも事実ですが)
どこに行っても最良の環境が与えられるわけではないのだから。

 

あとは前向きな「個」の意識。
前向きな個の集まりには、前向きな引力が発生する。
「イケてる会社」に魅力があるのはそんな力なのだと思います。

世の中には、時代遅れの常識で動いてる人もいっぱいいるし、
浦島太郎みたいな会社もいっぱいあります。

 

でも今は、
自分が、会社が、
クライアントまで巻き込んで
新しい常識を作っていくチャンスです。

 

たった6%の数字は、
簡単に何倍にもなるような気がします。

The following two tabs change content below.
澤田 知明

澤田 知明

秋田県生まれ。 ギタークラフトスクールを卒業後、ローディーを経てWebの世界へ。 Webマーケティングを中心に企業の課題解決に貢献する、戦略コンサルタント。
澤田 知明

最新記事 by 澤田 知明 (全て見る)

仮想現実の未来

先日、 公開されたばかりの映画「レディプレイヤー1」を観てみました。 スピルバ…