2013
04.01

新メンバーに送った入社式の言葉

代表

2013年4月1日。

スピリタスコンサルティングに、2名の若者が加わった。

新たな、といっても、以前からお互いに知っている2名。
それぞれがこの1年、いろいろと経験した後、この入社の日を迎えた。

ただ、今日を境にして、新たなスタートとなるので、
朝10時から入社式と称して初ミーティングを実施した。

この中で彼らに贈った言葉のいくつかを、ここに記しておこうと思う。

 

「1人1人が経営者だと思って仕事をしよう。」

 

実際のところ、本当に経営者にならないと、経営者の気持ちなんか分からない。

でも、あえて、この気持ちを持ち続けて、毎日の仕事をしていこう。
そうすれば、きっと仕事をして、感動できる瞬間に立ち会えるから。

今はよく分からないかもしれないが、
自然と、自分に厳しくなり、能動的に仕事をするようになる。

ぶら下がり、指示待ちになったら、自分の居場所はなくなるのは当然だ。

彼らは言うまでもないメンバーだが、あえて伝えておいた。

 

「自分のできないことを補完できるから組織がある。」

 

「1人1人が経営者である」なんて言っておいて、矛盾するようだが、矛盾ではない。

せっかくこの会社にいるのなら、他のメンバーの能力や特性を上手に活用してほしい。

その活用パターンが何本も走るようになったら、もっともっと強い組織が出来上がると思う。
「個のチカラ」が強く、「連帯感」のあるチームが一番強い。

他のメンバーからどんどん声をかけられるくらい、

際立った能力を磨き、実績を積み上げていくために、日々の自己鍛錬を忘れずに進んで行こう。

 

「仕事は上手く行かないと思ったほうがいい。」

 

やる気に溢れ、実は密かに自信過剰な彼らに冷や水を浴びせるつもりではないのだが。

過去に上手くできた仕事ばかり繰り返していたら、
また、上手く行きそうな仕事ばかり手がけていたら、成長しない。

そして、新たな工夫や価値を生み出すような挑戦にはならない。

本当に挑戦すると、結果として、失敗することがある。いや、実はそのほうが多い。

始めから「失敗してもいいや」と思うのは論外だけど、
どんなに努力しても、どんなに成功したいと思っても、
神様が「まだ成功するのは早いぜ」と言って試練を与えてくる時にきっとぶち当たる。

そんな上手くいかない時に、どれだけ自分を信じて努力することができるか。これが鍵である。
上手くいかないことにぶつかったら、何度でも、みんなでその壁をぶち破ってやろう。

もしも、上手くいったら、その時、どんな喜びが生まれるだろうか?
それを想像しながら、仕事をしよう。

ほんの一部であるが、こんな言葉を、新メンバーに送った。
(追加で、しっかりと各自の数値目標を設定したのは言うまでもない。)

この入社式から、早1週間が経った。

振り返って、4月の第1週。

長かった・・・
濃かった・・・
ヘトヘト・・・

彼らの荒削りで前向きな熱気を感じると、とても楽しみである。

いくぞ!!

The following two tabs change content below.

野原健太郎

■株式会社スピリタスコンサルティング創業者兼代表 ■経営財務コンサルタント ■好きな言葉:「できた?」 ■嫌いな食べ物:「グリーンピース」 ■叶えたい夢:「史上最大のお祭りをやること。」 ■血液型:典型的B型

最新記事 by 野原健太郎 (全て見る)

仮想現実の未来

先日、 公開されたばかりの映画「レディプレイヤー1」を観てみました。 スピルバ…