2016
03.07

もし、手元に3億円あったら何に使いますか?

代表

最近のマイブームは、人に、この質問をすることです。
相変わらず、面倒くさい人間をやっています。(笑)

コンサルティング会議内の息抜きに、
顧問先の社長や幹部に聞くことはしょっちゅうで、
さらに、採用面接に来た応募者にも、ウチのメンバーにも聞いてます。

人によって、答えがマチマチなのは言うまでもありませんが、
これまで数々とこの質問を投げかけてきた結果を振り返ってみると、

一番多い答えは、

「えっ・・・何に使いますかね・・・」です。

二番目に多い答えは、

「難しいですね〜。」です。

三番目に多い答えは、

「うーーむ、とりあえず貯金します!!」です。

それ以外で、
ここには書けないオモシロすぎる回答にも出くわしますが、
それは本人の名誉のために、割愛します。安心してください。(笑)

まあ、それはおいておいて、

この会話の流れから、

大抵の人は、

「自分がやりたいことって、なんだろう??」

と、つぶやきます。

きっと、人はそれぞれ、
買いたいものがあり、やりたいこともあり、
叶えたいことも持っているはずです。

でも、いきなり唐突に質問されたとき、
実は、本当に心底やりたいことって、浮かばなかったりするのかもしれません。

もしくは、
そこまで具体的にイメージできていなかったり、
それを実現したいという熱意が、中途半端であったりする。

さて。

こんなこと書いておいて、

私はどうするかって??

私の答えは、

「全額、自社に出資します。」

これからやりたいこと、挑戦したいことがたくさんあります。

3億円だけあったって、できないことは分かっています。
でも、もし、この大きな仮定に基づいた質問にぶち当たった時、
純粋に、即答できます。

何に使うのか?

それはまだ書けません。
そして、3億円でも全然、足りません。

ただ、お金があったら、
やりたいことを叶えるための生き金にしたいです。
気持ちの持ち方で、生き金にも、死に金にもなると思います。

「時間の使い方」と「お金の使い方」。

このふたつに注目するだけでも、
どんな人だか想像しやすい。人となりが浮かび上がってきます。

自らのお金の使い方、

たまには、ちょっと注目してみることで、
何かが見つかるかもしれません。

P.S 私たちは、お客様(会社)のお金の使い方を、詳細に、存分に見ることができる、
とても刺激的な仕事をさせていただいています。日々、感謝です。

The following two tabs change content below.

野原健太郎

■株式会社スピリタスコンサルティング創業者兼代表 ■経営財務コンサルタント ■好きな言葉:「できた?」 ■嫌いな食べ物:「グリーンピース」 ■叶えたい夢:「史上最大のお祭りをやること。」 ■血液型:典型的B型

最新記事 by 野原健太郎 (全て見る)