2016
02.20

誰のための仕事なんだい!?

学生インターン

こんにちは!
スピリタスの学生インターン生、中村といいます。

実は、今自分が関わっている仕事について、
なんと先日お客様の会社に同行させて頂き、幹部会議に出させてもらったのです!!

「リアルな、ビジネスの場を経験できるやん!」としか思っていませんでしたが、
実際はそれ以上に「大切な」「大きな」気づきがありました。

思ったこと、感じたことを綴ります!

お客様を、知らない。

現在、社長がお客様の人事制度構築を行っており、自分はサポートとしてデータ入力や資料の作成を行っています。

主に指示を受け、その内容で入力・作成するのですが、その内容については削減や簡易化が多く、自分は「もったいない」と思うことが多くありました。

「せっかく細かい制度や基準の案があるのに、削除してしまうんか。」そう思っていたのです。細かいガッチリした制度を構築し、それをキッチリカッチリ運用する。自分の根底にはそのような考え方があったような気がします。

かくして、お客様を訪問する前までは「制度」という「形」しか見えていませんでした
この「形」がいかに整っているか。それしか考えていなかったのです。

お客様を知る!

その過程で、会議に出席させてもらえることになりました。
もともと、どのようなやり取りが行われているのかは非常に関心があったので、先輩のススメのもと参加を希望したのです!

そして、なんとOKを頂いたのが、「幹部会議」。
「ほんとに自分出席してええんかな…??」そんな感じでかなりビビッていました。(笑)

しかし、実際に会議にでると、全てが新鮮でした!
どんな事項を、どんな言葉で、どんな進行で進むのか…会議の全てが、自分にとって新しく映りました。

しかも、今自分が関わっている仕事の内容が話されているのです!!
内容はほぼ全て理解できます。

そして、次第に落ち着いてくると、幹部の方々の、この「人事制度」に対する一挙手一投足に注目が移ります。

どの事項に、どのような反応をされるのか。
そして、自分の作成した資料のどこが使いにくい部分なのか

リアルな声を聞くことができ、自分が何を入力し、何を作成していたのかが明確になりました。
また「実際に使う」ということについて、自分はまったく考えたことがなかった、ということにも気づくことができました。

個人的に大収穫でした。これの感覚は自分にとって「大きな」気づきでした。

「事件は現場で起きてるんだ!」過去の自分にこう言ってやりたいです。(笑)

「大切な」得たもの

幹部会議に出席させて頂き、それに続いて他の案件の会議、またお客様である社長にお昼ご飯までご馳走になってしまいました…!!
突然押しかけてのご無礼、お許し下さい。

しかし、会議を含めた数時間ではありましたが、自分は、大事なものを手に入れることができました

それは「お客様」そのものです

今までは「自分は、誰のために仕事をしているか?」ということが良くわかっていませんでした。
もちろん会社名やHPなどは知っています。でも肝心なお客様自身にお会いしたことがなく、お客様の顔を見ずに仕事を進めていました。

しかし、お客様と会って、話を聞き、ご飯を食べる中で、
「自分は誰のために仕事をしているのか」
ということを、明確にイメージできるようになったのです。

次の日の仕事では、お客様の「顔」を思い浮かべることができ、
肌で感じたお客様の雰囲気が、仕事の推進のPOWERをくれました!!

そう。お会いして、話し、飯を食べ、お客様を感じる。
これが仕事を進める上でのPOWERになります

「仕事」とは、「人に仕える事」。どこかで聞いたこの言葉がしっくりきました。

そして、初心忘れるべからずです。これからも日々精進します!!

The following two tabs change content below.
学生インターン
スピリタスコンサルティングのインターン生が綴っています。 日々、弊社で起きている出来事、感じた事をインターン生からの目線でお伝え致します。
学生インターン

最新記事 by 学生インターン (全て見る)