2016
03.11

傷だらけのほうが強い。

代表

毎月、毎月、傷ついています。

上手くいかないこと。
挑戦して失敗したこと。
スピードも、クオリティも、ダメダメで反省すること。

あちこちから、
「楽しそうですね!」と言われることの多い私たちですが、

僕たち、モロに、


傷だらけです。(笑)

 

でも、毎月毎月、その分、強くなってます。

なぜなら、いろいろと失敗しているからです。

失敗するかもと思って失敗したら、反省しない。
それは失敗を予期していたから。そこからは、何も残らない。

失敗するわけがない。
ここまで、やったんだから。
これで失敗したら仕方ない。

そう思って、シゴトに臨みたい。

それでも、失敗する時もあるんです。

逆を言えば、そこまで立ち向かえないなら、
初めからやらないほうがいいのです。

中途半端になるなら、いろんな意味で迷惑をかけるので、
そういう意思決定も必要だと思います。

でも、最近は、失敗しにくい方法もなんとなく身につけてきた気がします。

でも、このままだと、成長しない。次のステージにはいけない。
上手くいっても満足しないし嬉しくない。感動なんて覚えることもない。

だから、ひるみそうなことに挑戦する。

カッコ悪いです。
恥ずかしいです。
反省もします。きっと。

この前も、最近、業績に行き詰っているお客様との会話において、
こんなくだりがありました。

お客様:「どうしたら、弱い自分から逃げなくなるのですか?」

わたし:「それって、私も知りたいですよ。」

全然、答えになってなかった。。。

でも、どうしたら逃げなくなるのだろう?

やる気に満ちればいい?強い成長意欲?失敗不感症?

どれも当てはまりそうで、
でも、なんか足りない気がする。

まずは、「逃げないこと」。

自分だけではなく、
それがスピリタス流。としたい。まだまだなんだけど。

貪欲に行こうにも、
お客様からいただくストック収入が、7割を超える事業を行っています。
そこに甘えがあるのだろうか?

他業界に比べれば、比較的安定した形ではありますが、
この安定に安住していてはいけない。

あえて、ストックを落とす。
もっと攻める。
もっと仕掛ける。
もっと◎◎◎する。

なんだかよくわからない未来を、ぶち破ってやろう。
進撃してやろう。

だから、失敗するんです。

でも、その失敗には意味がある。

今月もかなしい出来事がありました。
まだ今月、終わっていないのに。

でも、かなしいままでは前に進めない。

僕たちは、傷だらけでも強くなります。

 
P.S 私たちが密かに涙していたら癒してください。優しいあなたへ。

P.S.2 一方で、いま、メッチャクチャ上手くいってることもあります。
今月末、みんなでハジけます!!

The following two tabs change content below.

野原健太郎

■株式会社スピリタスコンサルティング創業者兼代表 ■経営財務コンサルタント ■好きな言葉:「できた?」 ■嫌いな食べ物:「グリーンピース」 ■叶えたい夢:「史上最大のお祭りをやること。」 ■血液型:典型的B型