2017
05.02

人生の縮図

澤田知明

趣味と言えるほどではないですが、
週に1~3回くらい、ランニングをしています。


ノリでハーフマラソンに申し込んだことをきっかけに走り始めて、
今ではダイエットと運動不足解消を目的にしているですが、
これがけっこう、学ぶことが多い。


僕はいつも朝食前に走るので、
起床してから20分後くらいにはスタート地点に立っています。
起きた瞬間に「眠い~、走るとか無理~」なんて時もありますが、
走り終わったあとの達成感をモチベーションに、布団から出ます。


まず、起きて準備をしたら
今日はこのくらい走ろうと決めます。
そして、走ります。
疲れます。
苦しくなります。
くじけそうになります。
それでも頑張ります。
苦しさを少し乗り越えます。
燃えてきます。
楽しくなってきます。
ゴールするころには達成感に溢れています。
繰り返すたびに走力がついていきます。


これって、
仕事に似てませんか?


走っていて苦しくなったときにはよく、
「これが仕事だったら立ち止まってあきらめるのか!?」
「お前の力はそんなもんか?」
と自問して、自らを奮い立たせます。
(とは言ってもしんどすぎるとランニング自体が続かなくなるのでよく歩きます・・・)


登り坂は苦しいですが、登ったあとはレベルが上がった感覚になりますし、
走っている時には、いいアイデアが浮かびます。
仕事においても、ランナーズハイに似たような、
悩みぬいたからこその高揚感があります。
ランニングでも仕事でも、その時にしか生まれない到達感もあります。


走りきるという目標に対して、
苦しさや気持ちよさが伴うランニングは、
人生の縮図とも言える気がします。


仕事も一緒で、
走り続けなければゴールはできない。
ゴールするための脚力と体力がなければいけない。
途中で靴紐が切れることも、
雨が降ってくることも、
突然車が飛び出してくることも、
想定して走らなければいけない。


なんて、
大げさかもしれないけど、
ランニングも仕事も
そして人生も、
向かっているベクトルは一緒なのだと、改めて感じさせられます。
The following two tabs change content below.
澤田 知明

澤田 知明

秋田県生まれ。 ギタークラフトスクールを卒業後、ローディーを経てWebの世界へ。 Webマーケティングを中心に企業の課題解決に貢献する、戦略コンサルタント。
澤田 知明

最新記事 by 澤田 知明 (全て見る)

妄想会議。

期も変わり、いろいろと進行中です。 先週は、社内全メンバー参加の元、事業戦略会議を開いた…