2018
02.09

当たり前

メンバーブログ, 澤田知明

先日、スピリタスグループにインターンの大学生が入ってきました。

礼儀正しく、仕事への取組みもしっかりしていて、
ある意味で20歳とは思えないフレッシュボーイです。

自分が20歳のころなんか、近所のこじんまりした居酒屋にバイトの面接に行って、
店長から「駅前のチェーン居酒屋は考えなかったの?」と聞かれ、「あそこは忙しそうだから。」なんて答えちゃってました・・・(結果は、一応採用)

そんな彼と仕事について話をしているときに、
「へー、そんな方法があるんだ」「そんなツールがあるんだ」というリアクションを感じることがあるのですが、
こちらからすると当たり前のこと。

企業において、
自社や業界にとっては当たり前のことが、
何も知らない他人からすると、強みや特徴に見えることがあります。

お客様との会話のなかでも、
「他にはない御社の強みって何ですか?」
と聞くと、
「なんだろ~、どこも同じことやってるからね~」
と言われたりします。

でも、詳しく話を聞いてみると、
それってすごい事なんじゃないの?と言いたくなることなのです。

知らない人からすると「すごい」と思うけど、
業界の人からすると「当たり前」だから、特徴と感じていない。

特徴じゃないと感じているから、
アピールもしない。

その仕事が、
「誰によって
どのように行われて
どんな技術があって
背景にはどんなストーリーがあって」

なんて事が伝わったら
もっと特徴的で魅力的に見えるのだと思います。

それが、よくあるような事だとしても。

当たり前と思っていることの、
表現の仕方を見直すことで
いろんな可能性が広がりますね。

The following two tabs change content below.
澤田 知明

澤田 知明

秋田県生まれ。 ギタークラフトスクールを卒業後、ローディーを経てWebの世界へ。 Webマーケティングを中心に企業の課題解決に貢献する、戦略コンサルタント。
澤田 知明

最新記事 by 澤田 知明 (全て見る)