2014
12.31

Good-Bye 2014.

代表

今年も、もう大晦日。
朝からカフェに籠って一年を振り返るこの習慣。
もう何年も続いているけど、いつも、気持ちの良い晴天が迎えてくれる。

2014年、一言で表すと、
「アドレナリンが出まくった1年。」

今も鮮明に思い出す各場面、各場面がとても刺激的でした。

こうして平和にブログを書くことができて、
そして、多くの方々と関わりながら濃厚に生きることができて幸せです。

最近、会計事務所向けのセミナーばかりやっているのではないか?と
思われているかもしれないけど、数えてみたら、セミナー開催回数は、昨年よりもずっと少なかった。

それでも、今年は、直前の時間帯で、
自分がこれから言おうとしていることを全否定されたメモリアルなセミナーがあった。
全くの想定外だったけれど、自分の芯を試されているようで、なぜかワクワクした。

セミナーは、ライブみたいなもの。やっているナマの時間はたまらない。

いつも演壇に立つと、カラダの奥底から何かが湧き出てきて、とても気持ち良い。
そして、終了後のビールはこの上なく美味い。(酒が弱いので、その後は、よく覚えていない・・・)

ただ、私のストライクゾーンのド真ん中は、
中小企業クライアントの個別コンサルティング。
これは、今も昔も、そして、これからも変わらない。

自分でやっていると、事業としてはデカくならないよ。
と言われることも多いけれど、「そんなの関係ねえ~!」(←ささきよしお風)

いや、正確には、やめられないのです。

だって、この舞台には、とてつもないドラマが溢れているから。

大抵は、

うまくいかないことばかり。
難しいことばかり。
様々な人のココロが錯綜する世界。
やる気のある人と怠惰な人のせめぎ合いの場。

その大将たちと一緒に仕事をすることが、共に闘うことが、この上なくオモロイ。

今年は特に、この大将達から学ぶことが多かったと思う。

今まで会ったことのない想像レベルを超えた経営者。
今まで会っていたのに、最近、別人格に変貌しつつある経営者。
1年前にはド素人なのに、今や、5つもの大プロジェクトをフル回転でこなす経営者。
一回りも若いのに悩みながらも前進していくカッコイイ経営者。
最高の笑顔で、「日本一になるよ。」と言い切る経営者。

輝いている姿を間近で見ることができて、とてもありがたい。

今年の4月から、社内では、毎日欠かさず日報を書くようになった。
これは、いわゆる、業務日報ではない。

社内で、夜中まで仕事と格闘している姿を見ていて、
この1日せっかく生きた証を記しておこうじゃないか、ということから始まった。
その日に感じたこと、気付いたこと、生まれたアイディア、悩んでいること、
喜怒哀楽の感情をぶちまけて書いてもよいので、それを自分で確認し、メンバーと共有する。
すると、あれこれ言い合うことになる。そして、月末の夜に1ヶ月分を振り返る。

できなかったこと、失敗したこと、苦しみの伴う決断など、
数えきれないほど多くあるけど、ここに、全てが鮮明に格納されている。
今年の宝はこれに違いない。

そんな2014年、泣いても笑ってももう終わり。

2015年、我々は、積極的にモデルチェンジする。

変化することを恐れない。
どうせ世の中がビンビン変わって行くのだから、
自分たちから先に変わって行ったほうがオモシロイはずだ。

2015年、新たな挑戦をします。

まずは、1月。
オフィスを、池袋から本郷三丁目に移転します。東大のちょうど正門前のビルです。

大学時代、この街にはほとんど通わなかった。猛烈につまらなかったから。
それが、大人になってまた通うことになるとは・・・運命のいたずらです。

あの時、劣等感ありありで悶々としていた大学時代があったから、今があると思う。
ちょっと遅いけど、この街に恩返しする。
本郷三丁目と言ったら、東大じゃなくて、スピリタスコンサルティングがある街。
そういう存在になります。(ただの反骨心です。秘)

2つ目。
情報発信メディアを立ち上げます。オウンドメディアです。
ネーミングは3ヶ月くらい真剣に考えました。
「また、ふざけた名前だね」と言われそうだけど、「らしいね」と言われたい。

3つ目。
これは、まだ口止めされているので、言えません。。。
仕事納めの日にこの話を聞きました。オトコの野望シリーズです。
聞いた瞬間、「その企画乗ります!」と反応してしまい、来年早々に正式発表されると思います。
本当に、最後の最後の日まで刺激的な1年でした。

あとは、新サービスを2つか、できたら3つ立ち上げたり、
Webサイトをリニューアルしたり、
佐々木のセミナー講師デビューがあったり、
新企画の会報紙に連載させていただいたり(たぶん大丈夫かな?)、
経営者の監禁合宿やったり、スピリタス感謝祭やったり・・・

と、まあ、数え切れない。

いろいろあるけど、本当に1年で終わるのだろうか。。

できる、できないじゃないんですよ!
やるしかないんですよ!

いつも一回り下の若者から突き上げられているので、自分が引くわけにはいかない。

振り返ると、1年1年、なんとか階段を登っています。
ズッコケたり、まあ、事件も多いけど・・・(笑)

その度に、まだまだ自分を磨かないといけないと感じる。
満足したら、そこで終わりだし、未熟者であることを痛感する。

でも、自ら動くと、いいことがある。
それは、出会いが多いということ。
魅力的な経営者や、才能豊かな人や仲間に出会うことができます。

時々、めたくそにやられたり、後悔してもしきれないこともありますが、
それもまたオモロイ。

とにかく、挑戦。
とにかく、創造。
とにかく、つなぐ。

未来の自分が、
「何やっちゃってんだよ、お前。」と本気でシバくぐらい、
いろいろな人々と一緒に、挑戦をしていきたいと思います。

ありがとうございました、2014年!!!

The following two tabs change content below.

野原健太郎

■株式会社スピリタスコンサルティング創業者兼代表 ■経営財務コンサルタント ■好きな言葉:「できた?」 ■嫌いな食べ物:「グリーンピース」 ■叶えたい夢:「史上最大のお祭りをやること。」 ■血液型:典型的B型

最新記事 by 野原健太郎 (全て見る)

当たり前

先日、スピリタスグループにインターンの大学生が入ってきました。 礼儀正しく、仕事への…