2016
02.15
Don't be afraid of me

変革の時

佐々木智也

「昔に比べて、時代の流れが早くなってきた。
だからその流れの先を読んで、動いていかなきゃならん。
それでもどんなに時代が動こうとも、変わらない商売の原則ってものがあるんや。
それは安く仕入れて、高く売る事や。」

日々、お客様とお話をさせて頂く中で、ハッと気づかされる場面が多々あります。
先ほどの社長の言葉もその内の1つ。
そのような方と、将来に向かって話をしている瞬間は、とても楽しい時間です。

「最近は時代の流れが早くてね。。。」
っという事は、他の方からもよく伺います。
そして、私自身もそのように感じます。

多くのWebサービスがリリースされ、
これまでアナログ(手作業)で行っていた仕事が、
デジタル(IT)で行うことができるようになりました。
このような状況の中、
事業を進めていく上で、
ITの活用はもはや必須条件となりつつあります。

一方で、IT活用と一言で言っても、多くのサービスがあり、
・そもそもどんなサービスがあるのか?
・それを自社で使うと、どんな良いことがあるのか?
・実際にどのように自社に当てはめて使えば良いのか?
っという事を聞かれる事も多くなりました。

そしてそのようなご相談を頂く度に、
サービスの説明から導入まで、
多くのIT活用支援をさせて頂きました。
例えばこれまでに、
以下のようなサービスの導入支援をさせて頂きました。

・インターネット上にファイルを保存しておける「Dropbox(ドロップボックス)」
・メールが不要となりチャット形式で連絡をとれる「Chatwork(チャットワーク)」
・大量の名刺をインターネット上に保存できる「Eight(エイト)」
・オリジナルの業務システム構築ができる「kintone(キントーン)」
・リアルタイムで売上集計ができる「Airレジ(エアレジ)」
・簡単にクレジットカード決済を導入できる「Square(スクエア)」
・金融機関との自動連携も可能となる「MFクラウド会計」

これらのサービスは、
もちろん弊社が経営支援をさせて頂く上でも役立ちますし、
お客様側においても、
これまでの業務効率がアップし、
素早い業績の把握、
売上を上げるための時間を作るなど、
多くのメリットがあります。

冒頭の話に戻りますが、
今はとにかく時代の流れが速い時代。
上記のような便利なサービスは、
今後もまだまだ出てくると思います。

だからこそ、
そのような情報を素早くキャッチすること、
そしてそれを事業上、
どのように使えば良いのかを考えること、
最後にここが一番重要だと感じていますが、
“変わること”を恐れないこと。

目的を見誤ることなく、
恐れず変革を続けていける個人・組織こそ、
次のステージに進めるのだと感じています。
そして、
弊社がその最前線を動いていける
チームであり続けたいと思います。

The following two tabs change content below.
■株式会社スピリタスコンサルティング コンサルタント ■好きな言葉:「ヤるかヤらないか」 ■「売上・財務・IT」の3つの切り口から、中小企業の業績向上に貢献している。

最新記事 by 佐々木 智也 (全て見る)