2016
09.05

原因と結果。

佐々木智也

最近ゴルフでコースデビューをできるように、練習中です。

小さい頃から野球をやっていたので、

動いていないボールを打つなんて簡単だろ!

っと思っていたのですが、

これがまぁ、かなり難しい。。。

 

まず芯に当たらない。

そして当たったとしても、

スライスしてまっすぐ飛ばない。。。

 

ん〜。苦痛の連続です。

それでもたま〜に芯にスカッとあたり、

気持ちよく飛んでいく快感を覚えると、

楽しい気持ちを味わうことができるのです。

 

なぜ芯に当たらないのか?

なぜスライスしてしまうのか?

 

このような状況になってしまうのには、

必ず理由があるはずです。

 

その理由を一つひとつ考え、

改善策を考え、実行する。

 

iPhoneで動画を撮ってもらい、

スロー再生しながら、自分のスイングをチェック。

 

分析の結果、私の場合は以下の4つを意識すれば、

良い打球が飛ぶことがわかりました。

 

1.足主導で打つ

2.手首は固定

3.ボールをすくうイメージ

4.左手は巻き取り、右手はかぶせるイメージ

 

全部感覚の問題なので、お伝えしづらいのですが、

4つがうまく絡み合ってスイングできた時、

芯でとらえ、ボールも真っ直ぐ飛んでいくことがわかりました。

 

そんな試行錯誤している最中に、

(時には心が折れそうになりながら。。。)

ふと気付いたのです。

あっ、これって仕事でもゴルフでも共通することだな、と。

 

結果には必ず原因があり、

結果を変えたければ、

原因を突き止め、改善をするしかない。

 

そして、いくら頭でわかっていても、

実行しなければわからない(できない)ことも、たくさんある。

 

ゴルフはよくその人の人間性が出る、と言いますが、

練習を通して、そのことを痛感いたしました。

 

全く打てない、という現状を踏まえて、

どのように自分が立ち向かうのか試されているのだな、と。

 

今は苦しい時期真っただ中ですが、

必ず乗り越えて、楽しいゴルフ生活を送れるようになります。

 

p.s.

コースデビューできるレベルになったら、ぜひお付き合いください。

The following two tabs change content below.
■株式会社スピリタスコンサルティング コンサルタント ■好きな言葉:「ヤるかヤらないか」 ■「売上・財務・IT」の3つの切り口から、中小企業の業績向上に貢献している。

最新記事 by 佐々木 智也 (全て見る)

道のりを描く

インターン生の山田です。 最近、市場調査の仕事を社長から任される機会がありました。 …