2015
12.31

2015年の総括!そしてまた、旅の始まりへ

メンバーブログ, 学生インターン

僕にとってのこの一年は、ずっと迷ってばかりだった。道標のない草原の中をふらふらと迷っていたら、元々いた場所に戻ってきたような感覚がある。旅とは、ここではない場所に行くこと、だけを指すのではない。そこから元々居た場所に帰ってくることも含めて、旅、と人は呼ぶのだ。

旅の中で、人は何かを見出すことができるのだろうか。

「価値で仕事をする」

スピリタスコンサルティングでは、2015年の6月からインターン生として働いています。

いわゆる「大学生がやるバイト」とは違うことばかりです。そもそも、「時給」という感覚が通用しない。仕事していたら急に社員さんとのおしゃべりが始まったり、昼休みにランチに連れて行ってもらうと休憩時間をオーバーしたりする。

時間で仕事はしないのです。今はだんだん、当たり前だと思えるようになってきています。そりゃそうですよね。「従業員の時間を奪う」ことの対価として経営者は給料を払うわけじゃない。「従業員が作り出した価値」に給料を払うわけですから。

ビジネスの基本の基本の基本、みたいなことを実感できたのは、大きな学びの一つでした。

あなたは、「自分にできないこと」を言えますか?

とはいえ、「僕には生み出せない価値」もたくさんあります。というかそんなものばっかりです。スキルも経験もほとんどないまま飛び込んでしまったのですから。

その中で、もちろん一生懸命やるしかないのですが、もう一つ守らなければならない原則があると常々感じています。

「わからないことは、わからないままにしない」ということ。

これまた、当たり前の話ですね。上司からAという仕事を与えられて、必要なのは「Aという仕事をがんばる」ことではない。「Aという仕事をやりきる」「Aという仕事で期待される、Bという結果を出すこと」が必要。

では、今の自分の能力では結果が出せないのならばどうすれば良いか。

まずは、やり方を調べる。ここでわかれば良いのですが、たいていわかりません。というか僕はあんまりわかったことがありません。

ここで、恥を忍んで「ここのやり方がわからないのですけれども……」と上司に聞けるかどうか。ここが結構重要なポイントだと思います。

「あ、そうだよね、そりゃわからないよねー。ここは……」と返事が返ってくるとわかっている時は、聞きやすいですよね。でも時には、「お前それ前にも教えただろ……」と返事が返ってくることがわかっている時もある。

ここで聞けるかどうか。いやもちろん、一回教わったことをもう一回聞くのは、所謂無能、おいおいここは学校じゃないんだぞ、という話です。一回で覚える、これも大事。

しかしそれよりも、「目の前の仕事をきちんとやり切ることの方が大事」と思えるか。無能と思われるのを恐れるあまり、目の前の仕事と向き合えないのならば、無能からは抜け出せない。「恥を忍んで」という言葉はこういう意味です。

約束は、守るもの

信頼、という言葉があります。この人にならこれは任せられる、この人はこういうところできちんとしているから大丈夫。

他人から信頼されている人は、より他人からチャンスを与えられる。また、ピンチの時により助けてもらえる。これは間違いないと思います。

では、他人から信頼されるためには、どうすれば良いのでしょう。しばらく考えていた時期があります。

そして、答えが出ました。

すなわち、「約束」と「実行」

これをやります、と他人に「約束」して、それを約束した通りに「実行」する。この積み重ねで人は誰かを信頼するし、これ以外に信頼を積み上げる方法って、なかなかないと思います。

「この仕事頼むよ」「はい、わかりました」このやり取りも、「約束」ですね。

そして、頼まれた仕事をきちんとこなすことが「実行」。これを繰り返していけば、仕事を与える側の人は「こいつにはこのレベルの仕事ならば任せて大丈夫だな」と考えるようになるでしょう。そして、「次のレベルの仕事」への挑戦権も、いつか与えるでしょう。

これはきっと、社内の人間関係だけではなく、会社と会社の関係にも当てはまるでしょう。というか、人間関係の基本の基本、みたいな話です。

いや、いまさらかよ!小学校で学んでこいよ!

良いのです。遅まきながらも気付けたから良いのです。

あるいはこれは、「他人との約束」だけに限らないかもしれません。「自分との約束」も、他人に表明してしまう。そして他人に、それが「実行」される過程の証人になってもらう。そうすると他人は「この人は有言実行ができる人なのだな」という信頼を持つことになる。

「今月、3キロ痩せます!」を飲み会の場で宣言してしまう。月末に計測してみたら、4キロ痩せていた。「こいつは(自分が設定した)目標値を超えられる結果を出せる人間なんだな」と、周囲の人々は評価するでしょう。目標を超えられる人間をサポートしたいと、きっと人は思うはず。

「今年営業トップになります!」でも、「5年以内にこの会社を上場させます!」でも、きっと同じ。

仕事に必要なものって?

人が仕事に向かう時、必要なものってなんでしょう。夢、使命感、健康な体、技術、時流に敏感な姿勢……皆さんの頭の中にたくさんの答えが浮かんだと思いますし、きっとそのどれもが正解なんだと思います。

僕も、ただ一つこれが重要!というものを選ぶつもりはありません。

ただ、これだけは外せないな、というものは、2015年で見つけました。

人って、一人では何もできないです。珍しく断定調を使います。

どんなにすごい人でも、たった一人では何も価値を生み出せない。

いやいやいやいや、ジョブスはどうなるんですか、と。フォードは。エジソンは。

そう、一人で「アイディア」を生み出せる人はいます。しかし、そのアイディアを、例えばiphoneという形にして、工場で大量生産して、家電量販店なりappleショップなりに並べて、それを消費者の手に取ってもらって、お金を払おうと思ってもらう。

簡単に考えただけでもこのような過程を踏んで、世の中に勝ちが届けられると思いますが、この過程には、ジョブス以外の人々の協力が必要不可欠なわけです。

「iphoneの部品を集めてこなくちゃいけない」「工場の管理体制はどうする?」「流通コストをすこしでも下げるにはこうすれば良いのでは!」「広告戦略はこれではダメだ……」「端末代金はいくらに設定するべきですか?」

様々な人々の知恵と努力が振り絞られて、世の中に価値が届けられる。

スタープレイヤーの活躍ばかりに目が向きがちですが、その裏では数えられないほどの人々の涙と汗が流れている。

断言します。「人は一人では何もできない」

一人では何もできない人間が、何かを成し遂げるためには、一体どうすれば良いでしょうか。

ここまで言えば、僕が何を言いたいかもうおわかりでしょう。

「仲間」がいなければ、仕事はできない。

ワンピースという漫画をご存知でしょうか。

この会社に入った時の感覚は、例えるならば麦わらの一味に入ったような感覚でした。わからない人いたらすいません。

みんなキラキラしてやがる。オフィスもイケてる。今まで働いてきたバイト先とはえらい違いだ。

ちょっと就活に役立ちそうな知恵盗んでやろう、くらいの気持ちだったのが、一気に引っ張られました。

仲間が輝いていると、自分も輝く。

仲間にスイッチが入ると、自分にもスイッチが入る。

これも当たり前の話ですが、仲間を「信頼」している時の方が、仕事って楽しいですね。で、楽しくやっている時の方が大抵上手くいく。

回想

2014年の年末、当時追いかけていた夢を一つ、諦めました。

なので今年は、「目標を見つけることが目標」みたいな感覚でスタートした覚えがあります。

色々な経験をしようと。今まで行ったことのない場所に行って、今まで話したことない人たちと触れ合えば、今まで感じたことのない感情が湧き上がって、視野が広がるのではないかな、となんとなく考えていました。

一人暮らし始めてみたり、中国行ってみたり、モンゴル行ってみたり、韓国の意識高い学生と交流してみたり……

コンサルティング会社にインターンしてみたり……

あえてここではインターンのことだけを書きました。全部書いていたらその間に年を越してしまうので。

最後に一つだけ、この会社で学んだことを付け足したいと思います。

それは、誠実でいる、ということ。

自分に対しても、他人に対しても、世界に対しても。

誠実に現状と向き合う。こうあって欲しいというバイアスをかけず、曇りのない、囚われることない目でそのものと向き合う。自分とも、自分以外とも。

そうして始めて、どうすれば良いかが見える。

今ここにいる自分と誠実に向き合って、一つわかることがある。

僕はまだ、夢を見つけられていない。

いつか遠い昔に感じていたような、あるべき姿を追い求める、熱くて暴れ出してどうしようもない、体の内から吹き出すマグマのような熱量は、今の僕にはない。

でも、それで良いのだ。これから見つければ良い

より正確に言うならば、「それで良いのだ」と思わなければ、つまり現状を認めなければ、「見つかる」ことはない。あるべき姿へ向かう道の、スタート地点にすら立てない。

この文章の冒頭で、旅で何かを見出すことができるのだろうか、と僕は自問した。

その答えはイエスだ。

僕はこの旅を終えて、スタート地点に戻ってきた。しかし今回は、「夢を見つける」というゴールへ向かうための準備がある。自分で立てた道筋がある。そして、仲間がいる。

きっと来年、2016年の1年は、「旅」とはならない。旅として完結することはない。戻ってくることがないからだ。

1年後のこの時間はきっと、道の途中で奮闘している。予定では、今より数段苦しい環境に僕はいる。それで良いのだ。そうであって欲しい。

最後に

ここまで読んでくれた皆様、少しでもお楽しみ頂けたでしょうか。

自分語りを公表するのは気恥ずかしいですね。でもこれも経験です!

心より祈っております、ここまで読んで下さった心優しい皆様に、良い1年が訪れることを。

皆様が、皆様の家族が、友人が、恋人が、仲間が。素晴らしい旅路を歩まれることを。

そしてもしその旅路がどこかで、僕のそれと交わることがあれば。

その時は美味しいご飯でも食べながら、ゆっくり楽しく、今までのことを語り合えたらな、と思います。

The following two tabs change content below.
学生インターン
スピリタスコンサルティングのインターン生が綴っています。 日々、弊社で起きている出来事、感じた事をインターン生からの目線でお伝え致します。
学生インターン

最新記事 by 学生インターン (全て見る)